おもしろ過ぎるおじいちゃん弁護士

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ついに自分の番がまわってきた

こんにちは、Joyful Dad です。

今回はナイスガイとの会話の後べス(仮名)の番が終わり、ついにJP(Justice of Peace)の弁護士さんと話す番がまわってきてからの話です。無事にCertified Copyを作ってもらえるのか!?

↓前回の記事はこちらからどうぞ↓

JPで順番待ちをしていたら素敵な人々との出会いがありました。ニュージーランドっておもしろい。

熟練のおじいちゃん弁護士

おじいちゃん弁護士の部屋に通された後、リストに自分の名前と連絡先電話番号を記入するよう言われた。それからおじいちゃん弁護士に今日来た目的(Certified Copyの作成)を伝え、オリジナルとコピーした書類を渡した。

書類を受け取ったおじいちゃん弁護士はオリジナルを向かって左側に、コピーを右側に置いて再びどっちがオリジナルでどっちがコピーなのかを確認してきた。

左がオリジナルで、右がコピーでいいんだね?」

そうそう、その通りです。さすが熟練のおじいちゃん弁護士。オリジナルとコピーを取り違えたら大変だもんね。しっかりしてるなぁ(゚∀゚)

書類の確認作業

どちらがオリジナルでどちらがコピーかを確認したおじいちゃん弁護士。鋭い目つきでまずは書類の枚数が同じであるかを確かめてから、左右の書類を一枚一枚丁寧に見比べて同じ書類であることを確認していきます。うーん、さすがプロ。

そして提出した二つの書類の内容が同じであることを確認したおじいちゃん弁護士は、ニコニコ満面の笑みでこう言いました

「うん、二つの書類は確かに同じものだね。」

と言って勢いよく左側の書類にスタンプを押しました。

あれれ…左側の書類にスタンプを押したぞ?
スタンプには「Certified Copy of a document presented to me as an original.」と。
え、Certified Copy?そっちは原本なんだけど…。おじいちゃん弁護士がスタンプを押したのはオリジナルであることを恐る恐る伝えたら

え…。オリジナル…? こっちがオリジナルなの?

とおじいちゃん弁護士は (“゚д゚)ポカーン としてしばらくフリーズ。
その後、頭を抱えて

「どうしたら良いかな…困った…困った」

と狼狽えだした。あまりにも困ってたので自分が保管する為のものだから間違えてスタンプを押しても問題無いことを伝えたら、表情が パーッ(゚∀゚) と明るくなった。おじいちゃん可愛らしすぎる。

「じゃあスタンプに取り消し線を入れて、間違えましたって書いておくね。いつもはオリジナルは奥の方に置いて間違えないようにするんだけどね。本当にごめんなさい。 (´・ω・`)」

うっかり間違えちゃうことはあるよね。おじいちゃん弁護士があまりにも面白くて可愛らしいのでまったく怒る気なんて起こらなかったよ (*´ω`*)
ちなみに間違えて押されたスタンプがこちら。in error って書いてあります。

その後コピーの全てのページにスタンプと日付とサインを記入してくれて、無事(?)にCertified Copyを手に入れることができました!!

更におじいちゃん弁護士が

「もしオリジナルの再発行にお金がかかるなら、ここに連絡して。お金払うから。本当にごめんなさい。(´・ω・`)」

と何度も申し訳なさそうに謝罪して連絡先まで教えてくれました。
再発行する予定は無いし、もし再発行することになってもお金はかからないから請求することは無いと思うけれど、誠実な対応が嬉しかったです。おじいちゃん弁護士ありがとう!!

本当に面白くて愛らしいおじいちゃんだったなぁ。癒された。(*´ω`*)

== 5月27日までの期間限定セール中!! ==

 

ブログランキングに参加中です。
バナークリックで応援お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする