娘とお絵かきバトル!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




お絵かきバトル

こんにちは、Joyful Dad です。

娘がやってきて「お絵かきして遊ぼう」と言うので、一緒に絵を描きました。
そのお絵かきは普通のお絵かきとちょっと違って、娘の作ったくじ引きを引いて出てきたお題の絵を描くというユニークな遊びだったのです。今回はそのお絵かきバトル(勝手に命名)について書きます。

準備:紙に好きなお題を書いて、折りたたんで箱に入れる。

ルール:箱からお題を1つとって、そのお題の絵を描く。基本的にどっちが上手い、下手とかではなく楽しんだもの勝ち。(今回はブログ記事用に勝敗をつけています)

バトル1:ストレッチマン

まずは正解から見ていただきましょう。
はい、こちらが皆さんご存知のストレッチマンです。

次は自分が書いたストレッチマンです。

ストレッチマン(自分作)

やたらと長い頭部のトンガリ、胸元に輝く「S」マーク。
ストレッチマンだから「S」が付いてるだろうという安直な考え。
Sなんて全然書いてなかった…。

つづいて娘の作品です。ジャーン!

ストレッチマン(娘作)

可愛い!ニッコリ笑顔に両手をあげてバンザイポーズのストレッチマンです。
ストレッチマンだから胸元に「ス」と書いてある。可愛い。
ベルトもしっかり描けてるし、頭のトンガリの長さも丁度良い。
さて、気になる勝負の行方は?

判定:娘の勝利
理由:ストレッチマンが元気いっぱいで可愛い(娘も可愛い)

バトル2:バーニー

正解はこちら。バーニー&フレンズという子供番組の大人気主役キャラ、バーニーです。
笑っている口元、全く笑っていない目、そして体が紫色のティラノサウルス。それがバーニー。正直大人の自分から見てもちょっと怖いです。

さて自分の絵から見てみましょう。

どう見てもガチャ○ン(自分作)

どう見てもガチャ○ン。バーニーの特徴である「笑っていない目」を再現しようとしたらガチ○ピンの目になってしまい、いっそのこと最後までガ○ャピンを描ききってやる!と謎の意地で描きました。バーニー描いてないね…。

それでは続いて娘の作品を見てみましょう。

バーニー(娘作)

かなり自信が無さそうな娘でしたが、目の雰囲気としっかりした歯など特徴をしっかり捉えていて上手に描けてます。自分のガチャピンとは大違い。
さぁ気になる判定は…!?

判定:娘の圧倒的勝利
理由:特徴をよく捉えて描けている(娘が可愛い)

バトル3:ナイスガイをかけたサングラス

娘がちょっと変わったお題に挑戦したいと言うので、自分が一生懸命考えた末に出てきたのがこのお題「ナイスガイをかけたサングラス」です。我ながら意味不明です。

それでは自分の描いた絵から。

ナイスガイをかけたサングラス(自分作)

巨大なサングラスに両足首だけでひっかかっているナイスガイ。スリル満点で、まるでハリウッド映画のワンシーンのようです。そのうちハリウッド映画でこの絵をパクったシーンが出てくるかもしれないので、見かけた方は是非ご一報ください。

続いて娘の作品です。

ナイスガイをかけたサングラス(娘作)

かけた=描けた。その発想は無かった!うまい!!
ナイスガイを上手に描けてご満悦のサングラス。思わず「やった!」と声を上げています。
サングラスなのに嬉しそうな表情が読み取れるような表現力…これは将来有望だ。
これはなかなか良い勝負。一体どっちが勝つのか?

判定:娘の完全勝利
理由:発想と表現力が豊か(娘が可愛い)

おまけ

今回は娘の完全勝利に終わりましたが、次回までにもっと絵の修行を積んで娘に勝つぞ!
こういう本を読んだら少しは娘の表現力と画力に近づくことができるんだろうか?


Amazon:1日10分でえがじょうずにかけるほん

それと娘が自分の似顔絵を描いてくれました。何故かカツ丼とのツーショットです。
「パパでーす!カツ丼おいしいよ!!」というセリフつき。ニュージーランドでカツ丼食べたことないと思うんだけど、どうしてカツ丼と並んでいるのか謎です。そして忠実に再現されたわがままボディ。丁寧におなかの部分に「ポヨン」と書いてあります。よく見てますね。

カツ丼が美味しくてご機嫌のパパ(娘作)

というわけでお絵かきバトル楽しいので、皆さんも是非やってみてください。
こんなお題で描いてほしい!なんて要望があったらコメントで教えてください。

==================================
ブログランキングに参加しています。
記事を気に入って頂けたら下記バナーかリンクをクリックして
いいね(応援)して頂けると嬉しいです(゚∀゚)

==================================

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする