Chrome リモートデスクトップ を使ってみよう!

こんにちは、Joyful Dad です。

みなさんはリモートデスクトップ接続してますか?
リモートデスクトップ接続とは簡単に言うと遠くのパソコンに接続して操作できるようにするということです。Windowsには標準機能でリモートデスクトップのツールがインストールされていますが、そのツールを使って会社の外から接続したい場合は接続先のパソコンのIPアドレスがわからないと接続することができません。その接続先IPアドレスが変わらないように固定したり、外部からそのコンピューターのIPアドレスに接続できるように設定するにはルーターの設定変更が必要だったりと、まぁとにかく色々と面倒なのです。

そこで今回紹介するのが Chrome リモートデスクトップ です。
Chrome リモートデスクトップは無料で簡単に使えるリモートデスクトップ接続ツールです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




利用手順

1.Googleアカウント を取得

Googleアカウントを取得します。
gmailアカウントを持っている人は新たに取得する必要はありません。

2.Google Chrome (ブラウザ) をダウンロード

Chrome Remote Desktop は Google Chrome の拡張機能なので、利用するパソコンにChromeをインストールします。

3.Chrome Remote Desktop をインストール

接続先のコンピューター(ホスト)と、ホストに接続するコンピューター(クライアント)の2台にChrome Remote Desktop をインストールします。ここから インストールできます。

このパソコンから他のパソコンに、または他のパソコンからこのパソコンに、インターネットを経由して安全にアクセスできるようになります。

ホスト側の設定

Google Chrome を起動してGoogleアカウントにログインし、Chrome Remote Desktop を起動します。ブラウザの Google Chrome を立ち上げてアドレスバーに「Chrome:apps」と入力してEnterを押すと拡張機能の一覧が表示されます。その中から「Chrome リモートデスクトップ」選んでクリックしてください。

次に「リモート接続を有効にする」ボタンを押して外部からのリモート接続を有効にします。


続いてリモート接続する際の暗証番号を登録します。他人にわからないような暗証番号にしましょう。もしも暗証番号を忘れてしまっても簡単に変更できるので安心してください。

これで接続先コンピューターの設定はおしまいです。

クライアント側の設定

Google Chromeを起動して接続先コンピューター(ホスト)でログインしたものと同じGoogleアカウントでログインして、Chrome Remote Desktop を起動します。ホストと同じ手順で起動できます。Chrome Remote Desktop を起動すると接続できるコンピューターの一覧が表示されます。

コンピューターの一覧から接続したいコンピューターを選択して、暗証番号を入力します。
正しい暗証番号が入力されれば、選択したコンピューターにリモート接続できます。

 

ブログランキングに参加中です。
バナークリックで応援お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

<アイキャッチ画像提供>
Image by 200degrees on Pixabay

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする