Amazonからの緊急メール!?

こんにちは、Joyful Dad です。

少し前にLINEからの緊急メールが届いたばかりですが、
今度はなんとAmazonからもメールが届いてしまいました。
いったいどんな内容なのか!?

LINEから突然の緊急連絡メールが!?一体何が起こるんです?
スポンサーリンク
スポンサーリンク




メールの内容

さっそくAmazonから届いたメールを見てみましょう。

xxxx様

Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。お客様のAmazonプライム会員資格は、2019/01/09に更新を迎えます。お調べしたところ、会費のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません。クレジットカード情報の更新、新しいクレジットカードの追加については以下の手順をご確認ください。
アカウントサービスからAmazonプライム会員情報を管理するにアクセスします。
Amazonプライムに登録したAmazon.co.jpのアカウントを使用してサインインします。
左側に表示されている「現在の支払方法」の下にある「支払方法を変更する」のリンクをクリックします。
有効期限の更新または新しいクレジットカード情報を入力してください。
Amazonプライムを継続してご利用いただくために、会費のお支払いにご指定いただいたクレジットカードが使用できない場合は、アカウントに登録されている別 のクレジットカードに会費を請求させて頂きます。会費の請求が出来ない場合は、お客様のAmazonプライム会員資格は失効し、特典をご利用できなくなります。

Amazon.co.jpカスタマーサービス

メールの内容

日本語がしっかりしている…だと!?

あれれ、どうした?
過去に送られてきた詐欺メールとは明らかに違うぞ。日本語がしっかりしている!?
メール本文に関しては特に突っ込む点が見当たらないぞ、悔しい!

あれれ、でもちょっと待てよ。
Amazonプライムなんて入会してないんですけど (´_ゝ`)

お気づきですか?

さて、ここで1枚の画像を見てもらいたいと思います。
これはメールのタイトルや送信元が表示されているんですが、

おわかりいただけたでしょうか?
わからなかった方のために、

今度はおわかりいただけましたか?
まだピンとこない方のためにもう1枚

Amazone! Amazonじゃないのかよ!!

せっかく日本語の文面は完璧だったのに、まさかの社名間違い。
なんで送る前に気づかなかった! Amazoneってなによ、尼ゾーン?尼地帯?
もういっそのこと、Bozuzone(坊主ゾーン)ぐらい間違えてくれれば良かったのに。

おまけ

送信元メールアドレスにマウスカーソルをあてると送信者名が表示されるんですが、
このメールの送信者名を確認すると…

Amazon緊急事態。しかもメールアドレスをAmazonに偽装もしていないし。
あからさまに怪しいでしょ… coreserver.jpって…。緊急事態なのはお前の方だろ!!

==================================
ブログランキングに参加しています。
記事を気に入って頂けたら下記バナーかリンクをクリックして
いいね(応援)して頂けると嬉しいです(゚∀゚)

==================================

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする