【不法侵入】謎の男 Kiminobu【衝撃の結末】

こんにちは、Joyful Dad (@JoyfulDadNZ) です。

奥様と出先から帰ってきて家の2階部分のベランダから部屋に入って1階へ降りようとした瞬間、背後に気配を感じて振り返るとそこには見知らぬ男が立っていた。

男の表情は穏やかで少し頼りなさそうな印象。年齢は40代後半~50代前半といったところ。予期せぬ事態に頭はパニック。「What are you doing here? Who are you?」と矢継ぎ早に聞くと「I’m Kiminobu. Can I come in?」と答えてきた。Ki mi no bu…(以下、キミノブ)…え、日本人ぽい名前。まさかの日本人?たしかにアジア系の顔立ちだけど…。

っていうか Can I come in? じゃないでしょ!
もう入って来てるし。コラッ!完全に不法侵入だぞ☆彡

コラッ!とか言ってる場合じゃない。こいつはヤバい。99.8%(当社調べ)の確率でヤバい奴だ。一刻も早くキミノブの身柄を確保してポリスメンに連行してもらわなければ。まずは彼を興奮させないように友好的な態度をとりつつ床に座らせた。

キミノブ、ちょっと体硬くない?」と自然に声をかけつつゆっくりと背後に回り込み、背中から彼の両肩を前に押して立ち上がれないようにした。

最初から強い力で押すと怪しまれるので、あくまでもストレッチの補助を装いゆっくりと押す力を強めていく。この体勢に持ち込めれば状況はこちらに圧倒的に有利だ。

奥様に視線を送ると、無言で頷きスマホでポリスステーションに電話をかけた。ナイス!
電話に出たポリスオフィサーに奥様が事情を説明。きっとすぐに来てくれるに違いない。

ポリスメンの到着を待つ間キミノブを興奮させずに拘束しておくために、弱すぎずそれでいて強すぎない絶妙の力加減で彼が立ち上がれないように背中を押して、あくまでもストレッチの補助をしているのだと思わせる。

キミノブのストレッチを補助するフリの図

痛い、痛いと言いつつも一生懸命ストレッチに励むキミノブ。あれ、意外とこいつ悪いやつじゃないかも?そう思った瞬間、窓の外の景色に目をやると家の外にパトカーが1台、白バイが1台到着したところだった。

まだキミノブは外の様子に全く気がついていない。良かった、これで助かる。
そう安堵した瞬間に私の意識は途切れた…。

という夢を見ました。テヘペロ (・ω<)☆

ここまで真剣に読んでくださった方。ありがとうございます。そしてビックリさせてごめんなさい。(記事のカテゴリーを「夢」にしてたので読む前に気づいていた人も多いかもしれません。)ラッキーなことに現実には起きていませんが、この夢は本当に見ました。すごい鮮明な夢でした。こんなにリアルな夢を見たのは久しぶりでした。いやぁ夢で本当に良かったです。

というわけで、皆さん戸締りにはくれぐれもお気をつけて!

=======================
ブログランキングに参加しています。
リンクをポチっと応援お願いします。😊

=======================

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク