ワイタンギ・デー(Waitangi Day)って何の日?

マオリの彫刻

こんにちは、Joyful Dad です。
毎年2月6日はワイタンギ・デーというニュージーランドの祝日です。
ワイタンギ・デーとは一体何の日なのか?せっかくニュージーランドに住んでいるので、この国の簡単な歴史と一緒に調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




まずはNZの簡単な歴史

9世紀頃にマオリ族の祖先にあたるポリネシア人開拓者がニュージーランドにやって来ました。それから長い時を経た1642年にエイベル・タスマンがニュージーランドを発見したことをきっかけに、どんどんと外から人がやって来て植民活動をはじめます。

そうなると困るのは元々この国の住民だったマオリ族の人々です。先住民(マオリ族)と植民活動を行う外の人間との間でいつ終わるとも知れない大規模な紛争が起こりました。このままでは平行線のまま、いつまでたっても紛争が終わる気配はありませんでした。

マオリの戦士

ワイタンギ条約の締結

そこでイギリスとマオリ族との間で結ばれた条約がワイタンギ条約でした。
この条約の内容は、

・全てのマオリ族は英国女王の臣民となりニュージーランドの主権を王権に譲る。
・マオリ族の土地保有権を認めるが、それらの土地は全てイギリス政府へのみ売却される。
・マオリ族はイギリス国民としての権利を認められる。

と、先住民族であるマオリ族にとって悪くない条件のように思えました。

しかし問題が

ワイタンギ条約は英語で作られ、それをマオリ語に訳す過程で誤訳や解釈の違いが生まれてしまいました。(このあたりの事はイギリスが他の国よりも早くニュージーランドを手に入れるために意図的に行ったという説もありますが、真相は明らかになっていません)

結果的にマオリ族にとって納得のいく内容でなくなってしまい、これをきっかけにマオリ戦争が勃発。これは1860年から1872年まで続き双方に甚大な被害をもたらして終息しました。しかしワイタンギ条約に関する問題は現在も解決していません。

マオリの彫刻

要するにワイタンギ・デーって?

つまりワイタンギ・デーとはニュージーランドという国が1つになった日。建国記念日のようなものと考えることができます。おめでたい日だと思うんだけど、歴史的な背景を考えると両手をあげてお祝いする気にもなれない感じです。いつかマオリ族との間の問題が全て解決して、心からワイタンギ・デーを祝える日が来るといいなぁ。

=======================
ブログランキングに参加しています。
リンクをポチっと応援お願いします。😊

=======================

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする