NZ-オークランドの賃貸物件探しがハードな件

こんにちは、Joyful Dad です。

家族留学、移住をする際に準備すること山ほどあって大変ですよね。
ニュージーランド到着後でないと進まない事の1つが住む部屋探し。
今回は家族でニュージーランドに留学、移住する際の賃貸物件探しについて書きます。

いまオークランドで賃貸物件を探すのは大変です。
日本とニュージーランドでは事情が違うので初めて来る人は尚更に苦労すると思います。
日本だと大体は 部屋を見る → 賃貸契約を交わす → 入居
これだけで済むけど、残念ながらニュージーランドではこうは中々いかないのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




競争率が高い

自分がこれまで経験した「ニュージーランドの賃貸物件を借りるプロセス」は、
1)物件を見る → 2)申し込む → 3)契約の権利を得る → 4)賃貸契約を結ぶ → 5)入居
という流れで、3)契約の権利を得る までの競争率が高いです。
「契約の権利を得る」とは要するに大家さんに部屋を借りることを認めてもらうことです。

移民の増加に伴う住宅不足で、どんな部屋でもとりあえず借りたいという人も多く
交通の便は悪く、買い物も不便、部屋も汚い、しかも家賃高い!
こんな部屋を誰が借りるの?っていう部屋でも借りれないことも。

入居希望の家族構成や条件によっては、オーナーが気に入らなければ申込が1組でも借りられないこともあります。あとは 1 bedroom の部屋を家族で借りるのは難しいという話も聞きます。親と子供は別の寝室で寝るのが当たり前で、子供用の寝室が無いのはありえないと考えてる人もいるためです。

家賃が高い

つぎに家賃です。家賃がメチャクチャ高い!
オークランドで3人家族が評判の良い学校の近くの部屋を探しているとして
長屋タイプ、2 bedrooms の部屋だと最低でも 週 $500
一軒家タイプの場合は、どんなに安くても 週 $650
探せばもっと安い地域はあるけれど、治安の面からおすすめはできません。

日本の家賃をベースに考えてニュージーランドに来るとビックリすると思うので、
あらかじめ trademe で家賃相場を見ておくことをオススメします。

Trade Me Property – New Zealand's #1 real estate site. Search thousands of residential, rural and commercial properties for sale or for rent/lease.

就学児童がいる場合の注意

就学児童がいる家族が移住後に部屋探しをする際に注意して欲しいことがあります。

子供を公立学校(小学校と中学校)に通わせる場合、
住んでる家がスクールゾーン内になければ入学できません。

ただし子供が international student としてなら入学可能。その代わり多額の授業料が必要。
学校側は高額な授業料が懐に入るのでスクールゾーン外でも超ウェルカムなのです。

さて、子供が international で公立学校に通い始めて、もう安心!とはいきません。
将来的に domestic student として公立学校に通わせることを考えているなら要注意。

domestic の子供が通えるのは基本的にスクールゾーン内の公立学校なので
international から domestic にステータスが変わると、
転校しなくてはいけなくなる可能性が高いです

さらに子供が2人以上いてスクールゾーンが別々の学校に通うとなると更に大変です。
子供達が通う全ての学校のスクールゾーン内にある物件があればベストだけど、
そういう所は基本的に他の物件よりも家賃も競争率も高くなります。

子供のステータスが domestic に変わっても困らないように
あらかじめスクールゾーン内にある物件がオススメ。

ちょっとしたコツ

trademe などの賃貸情報サイトをこまめにチェック
賃貸情報の流れはとても速いので、こまめに物件をチェックしましょう。
できたら1日に2、3回はチェックできると良いです。
担当者への連絡は、電話 > テキスト >>>> メール
連絡先にメールアドレスと携帯電話番号がある場合、電話するのが一番早くて確実です。英語に自信がなくて電話はちょっと…という場合は、テキストを送りましょう。テキストへのレスポンスは結構早かったです。メールはいつ読まれるかわからないし、下手をすると読まれないことも結構あります。
あきらめずに何度も申し込む
なかなか部屋が決まらずに落ち込むこともあると思います。そんなときは、もっと素敵な部屋が待っていると信じて気持ちを切り替えて次に行きましょう!

生活費とか(過去記事)

ニュージーランドでの生活費をざっくり計算した記事もあります。
よかったら読んでみてくださいね。

誰もが気になる(?)NZ移住生活にかかる生活費について書いてみました。

=======================
ブログランキングに参加しています。
リンクをポチっと応援お願いします。😊

=======================

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする