NZ首相の妊娠とお祝いムード

こんにちは、Joyful Dadです。
昨日(2018年1月19日)にNZのジャシンダ首相が妊娠を公表しました。
NZだけでなく様々な国で報道され話題になっているみたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




祝福ムード

他党の議員も一様にあたたかい祝福ムードで良いよね。
首相が進んで産休を6週間しっかりとるのも素敵。
当たり前に権利を行使できるのって大事だし素晴らしいことだと思う。
国のリーダーが率先して育児休暇をとってくれたら、国民もとりやすいよね。
首相の産休中は他の議員がしっかりサポートすると言ってるし本当に素晴らしい。

ラジオを聞いていたら番組に寄せられた首相の妊娠に対するリスナーの意見を読み上げていて、そのどれもが彼女を祝福するものでした。中には「前回の選挙では労働党に投票していないけれど、それはそれ。今回の件は本当におめでたいことだ。おめでとう!」なんて意見もあって、この国の人々の心のあたたかさを感じました。

未婚で妊娠

今回の発表まで知らなかったんだけど、首相は結婚してなかったんだね。
てっきり結婚していると思っていたよ。
未婚の母って日本だと色々と言われそうだけど、
NZでは結婚せずにパートナーと生活するのは珍しくないから
今回のようなことも全然珍しいことじゃないんだよね。

NZでは結婚したって離婚する家庭は多いし、異母兄弟がいる家庭も珍しくない。
だから結婚するということにあまり意味を持たないのかもしれないね。

首相とパートナーのインタビュー記事もどうぞ
首相は彼のことをファーストレディならぬ、ファーストマンと読んでたよ。
生まれてくる子供はファーストベイビーになるんだろうか(笑)

Ms Ardern says the baby is due in June of this year and Winston Peters will be in charge for six weeks after the birth.

=======================
ブログランキングに参加しています。
リンクをポチっと応援お願いします。😊

=======================

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする