NZが大麻の私的利用を合法化!?

こんにちは、Joyful Dad です。
twitter 見てたらビックリするニュースが飛び込んできたよ。
新政権誕生の翌日からとんでもないものをぶっこんでくるなぁ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




大麻を合法化するための国民投票を実施

2020年に大麻の個人的な服用を合法化するための国民投票を実施するらしい。
これはLabour党とGreen党の2党間で合意を得たうえの発表らしい。
うわぁ新首相登場の翌日からとんでもないなNZ。

もしかしてタバコを禁止しようとしてるから、その代替品として考えてるのか。
2025年にはタバコは全面禁止にする予定なのに大麻はOKになるの?
ちょっと意味がわからない。

オーストラリアで合法だからニュージーランドもOK!っていうお得意の後追いかな。
まさか、いくらなんでもそんな理由じゃないよね。
そうじゃないと信じたい…。(´_ゝ`)

大麻が合法化されたら

貧困層のネグレクトな親/大人たちが酒・タバコに加えて大麻に手を出す

国の生活補助で大麻をゲット!

ますます貧困層の子供は救われず、治安は悪化の一途

数十年後、NZ終了

というとこまで妄想した。
妄想で済めばいいけどね。
笑えないよ(´_ゝ`)

医療用の大麻と個人の嗜好品としての大麻使用問題は
ハッキリと分けて考えるべきだと思います。

ちょっと話が逸れるけど
個人的にはこんなことで国民投票を実施してお金を使うより
教育制度の改革に真剣に取り組んで欲しいなぁ。

本気で移民頼りの国から自立した国へと変える気があるのなら
移民より優れた人材を育てるために教育制度の徹底的な見直しが必要だと思う。
移民を排除しつつリラックスした(経済成長を捨てた)生活を送りたいなら別だけど。

=======================
ブログランキングに参加しています。
リンクをポチっと応援お願いします。😊

=======================

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする