NZでの買い物に潜む恐ろしい罠

こんにちは、Joyful Dad です。
NZで買い物すると結構頻繁に遭遇するお会計ミス。
今日はお会計ミスなどの買い物中に遭遇する幾多の(家計に)恐ろしい罠について書きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




恐怖の会計ミス

買い物してると月に1度くらいの頻度で遭遇する会計ミス。
通常はバーコードを機械で読み取るだけなので、値段を間違えることはありません。
しかし、もしも商品の値段が値引き(Reduced)されていたら…?
よくあるシチュエーションは、

(1)値引きシールが貼ってある商品のバーコードを読み取ろうとする
(2)しかしバーコードがうまく読み取れない
(3)バーコードの数字を打てば値引き後の値段になるけど、混雑してるし手入力でいいか!

このパターンは20%ぐらいの確率で値段を間違えてます。この前も会計金額が予想より高いなぁと思ってレシートをチェックしたら、1個3ドル(値引き後)の商品を3つ買って合計9ドルのはずが、1つは正しく3ドルで残りの2つを1個6ドルで合計15ドルになっていました。
ひぇぇぇなんて恐ろしい…6ドルも違ったら家計に大打撃ですよ (´゚д゚`;)

というわけで今では、
・会計中はディスプレイに表示される各商品の単価をチェック。
・会計後はレシートをよく見て、価格が間違っていないかチェック。
を忘れないようにしています。もし間違っていたらレジの人か、サービスカウンターで返金してもらうのも忘れずに!

驚愕のパッケージ詐欺

パッケージに「何個入り」とか「~が入ってます」的なことが書かれてるじゃないですか。
日本で生活していたときはその内容を疑うことなんてありませんでした。
しかし、ここは何でもありの国NZ。油断していると痛い目を見ます。
まだNZに来て日が浅い頃の話ですが、大手量販店でお鍋セットが通常100ドルのところ、なんと半額の50ドルで売ってたんです。来たばかりで何かと物入りな自分達には有難かったので大喜びで買って帰りました。そして帰宅後にウキウキ気分でお鍋セットを開封したら…
お鍋は確かに記載通りのものが入っていましたが、フタが…フタが…一番小さいお鍋のフタが無駄に2つも入っていて、中くらいの鍋のフタが入っていませんでした。
まさかそんなことがあるとは思わず、レシートも捨ててしまっていたので交換できず。
今でもそのお鍋はフタなしで使われています。
それからはパッケージが開けられるものは必ず中身が揃っているかチェックしています。

他にはこんなケースもよくあります。

卵が中で割れてることは頻繁にあるので、念のため開けて確認。
12個入りのはずなのに、開けてみたら11個入り。1個どこに逃げた!?
自分の目で必ず確認することが大事です。目視確認超大事。
というわけで、皆さんも気を付けて楽しい買い物ライフをお楽しみください。

=======================
ブログランキングに参加しています。
リンクをポチっと応援お願いします。😊

=======================

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする