娘と買い物 ~Warehouseの便利サービスとオモチャ~

こんにちは、Joyful Dad です。
娘と一緒にWarehouseへ絵の具を買いに行きました。
というのも、娘は絵を描くのが好きで水彩絵の具を使って描くこともあるんですが
絵の具が少なくなって困っていたので買いに来たというわけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Warehouse

というわけで、娘と二人でテクテク歩きながらWarehouseに向かいます。
しばらく歩いて、お馴染みの赤い看板が見えてきました。

入店して5分で目的の絵の具はあっさり見つかりました。
折角なので他の売り場も色々と見てまわっていたらバドミントンセットを発見。
外に遊びに行ったときにみんなで遊べるものがあると良いねと家族で話していたのを思い出して、参考のため値段をチェックしようと思ったら値札が付いていない…困ったぞ。

そんなときには、informationの看板!
この看板の根元にはある機械が置いてあります。

黒いフレームにカラー液晶画面がついた小さな機械です。
機械の下側から何やら赤い光が出ています。

その赤い光に値段を知りたい商品のバーコードをピッと読ませると…
(撮影協力:娘)

商品名と値段が表示されます。このバドミントンセットは12ドルでした。
これを使えばわざわざ店員さんをつかまえたり、遠くにあるサービスカウンターまで商品を持って行って値段を聞くこともしなくてすむので便利。他のお店…特にCountdownでも採用してくれたらいいなぁ。なぜCountdownで採用して欲しいかと言うと、Countdownではその週のセール品の値札が普段のままで割引後の値札に張り替えられていないことが多くて、下手すると1週間そのまま変わらないこともあります。軽いものだったらサービスカウンターまで持っていっても手間にならないんですが、お米とか思いものだと大変です。なので、こういうサービスがあると助かるなぁと思います。

わくわくおもちゃコーナー

おもちゃコーナーで娘が、娘の友達が大好きだというおもちゃを教えてくれました。
カプセルの中に人形が入っているおもちゃでその人形を水につけると髪の毛などの色が変わるそうです。中にどんな人形が入っているかは開けてみるまでわからないらしい。キンダーサプライズみたいな感じかな。いくらするのか値段を見てみたら…ゲゲッ1個12ドルもします!それが45種類以上あるってんだから大変ですな。

同じくおもちゃ売り場で見つけた、どこかで見たようなおもちゃ。
自分が子供の頃にこんな魚釣りゲームがあった気がします。
んー、見れば見るほどそっくり。これはたったの4ドルでした。

=======================
ブログランキングに参加しています。
リンクをポチっと応援お願いします。😊

=======================

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする