ニュージーランド家族移住の生活費

こんにちは、Joyful Dad (@JoyfulDadNZ) です。

過去の記事で家族移住にはとてもお金がかかるという事をチラっと書きましたが、
今回はお金の事、特に生活費について書いてみようと思います。
学費や健康保険やビザの申請費用などは入れていないので、それらは別途かかります。

もし自分が、「NZへ家族で移住したい」と相談されたら、「おすすめはできません」と答えます。その理由は…
スポンサーリンク
スポンサーリンク




モデルケース

永住権取得を目指して家族3人でNZにやってきた。家族構成は両親と小学生の子供1人。
オークランドに住んでいる。車を持っていなくて移動はバス・電車の公共交通機関のみ。
両親のどちらかがフルタイムの学校に通い、もう片方の親が子供の世話をする。

支出の項目を洗い出し

支出の項目として主に考えられるのは、
・家賃
・電気代
・水道代
・交通費
・通信費(携帯電話・インターネット)
・食費+服飾費+その他
うんうん、こんなところでしょうか。

項目別の金額を出してみる

家賃

支出で一番大きいのが家賃です。家族3人だと最低でも2ベッドルームの部屋を借りることになると思います。Trademe でAuckland全域の2ベッドルームの部屋を探してみると、最低でも週に400ドル。ただし、安いところは治安があまり良くなかったり、お店が少なくて車が無いと生活が大変などのデメリットあり。もう少し中心部に近くて治安も良いところとなると、安くても週500ドルくらいでしょうか。1ヶ月(4週間)で2,000ドル。ちなみに、将来的に家賃はまだ上がりそうなので、契約更新のたびに1週間当たりの家賃が数十ドル単位で上がると考えておいた方が良いです。実際にうちの家賃は更新のたびに値上がりしてます。

電気代

契約している電力会社や季節で費用の違いは多少あると思いますが、
無駄使いしないように節電して、1ヶ月で150ドルくらい。(奥様に確認しました)

水道代

うちは家賃に水道代が含まれているので払ったことは無いんですが、
知人の話によると1ヶ月で30~50ドルくらい…だったような。

交通費

どこに行くにもバス or 電車。
オークランドの公共交通機関は stage という単位(地域の範囲)で運賃が決まります。
1 stage が一番安くて 2, 3 と増えるごとに運賃も高くなっていきます。
AT-HOPカードで乗車すると切符を買うよりも安く乗れて、1 stage が約2ドル。
2 stage は 3ドルちょっとだったかな。
家から 1 stage の学校に毎日通うとして、往復で4ドル。
それを1ヶ月(20日)として80ドル。
更に家族で出かけることも考えて、1人あたり1ヶ月で20ドル x 2人分で40ドル。
合計で 80 + 40 = 120ドル

通信費

インターネット:ADSLのWifiインターネット。データ量の制限なしで1ヶ月で約100ドル。
携帯電話:1ヶ月 約20ドル(データ通信 500MB, 同キャリアの通話無制限, テキスト無制限)
インターネット(100ドル) + 携帯電話 x 2台 (20 x 2)= 140ドル

食費+服飾費+その他

食費は季節の(安い)ものと特売品を中心に買って外食はしない、服は基本セカンドハンドか頂きもので極力出費を抑える。その他もろもろの出費を含めて1ヶ月で約600ドル。たまに外食をしたり食料品の値段をあまり気にしなければ900~1,000ドルほどになると思います。

1ヶ月、1年の支出合計は

上に挙げた支出を足していくと…

家賃 + 電気代 + 水道代 + 交通費 + 通信費 + 食費など
2,000 + 150 + 50 + 120 + 140 + 1,000 = 3,460

毎月 3,460ドル の生活費が必要になる計算です。
年間の支出にすると、3,460 x 12 = 41,520 ドル になります。
日本円(1ドル=80円換算)にすると、年間332万1,600円。

日本で仕事していれば心配ない金額ですが、
NZに移住してから仕事が見つかるまでは全額出ていくばかり。
日に日に減っていく貯金…その状況は精神的にかなりキツかったです。
今でも大変なんですけどね… (´゚д゚`)

さいごに

今回はNZに移住した際にかかる生活費にスポットをあててみました。
あくまで生活費のみの試算なので、学費やその他諸々がプラスでかかります。
NZへの移住を考えている方々の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

=======================
ブログランキングに参加しています。
リンクをポチっと応援お願いします。😊

=======================

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする