2017年 NZ 総選挙の結果と今後の移民政策

こんにちは、Joyful Dad です。
今日はNZの総選挙の投票日です。この選挙の結果によってNZの移民政策が大きく影響を受けることは確実なので、投票権を持っていない我が家も気が気ではありません。

Labour 党首の演説

National 党首の演説

スポンサーリンク
スポンサーリンク




投票率

下記ニュースサイトによると、今回のNZ総選挙の投票率は78.8%。
前回の2014年のときは77.9%、更にその前の2011年には74.21%でした。
約8割の有権者が投票しているというのは驚きです。政治への関心の高さが投票率にあらわれていますね。

参考:https://www.tvnz.co.nz/one-news/new-zealand/voter-turn-rise-in-2017-over-previous-two-elections

各党の獲得議席数

NZ Heraldの記事によると各党の獲得議席数は、
National:58 (-3)
Labour:45 (+13)
NZ First:9 (-2)
Green:7 (-6)
ACT:1
MAORI:0 (-2)
という結果になりました。
今回はLabourが議席の半数以上を獲得するかも!? なんてことも言われていましたが、やはりその勢いは凄かったですね。各党のマイナス分が全てLabourに入っています。

参考:http://www.nzherald.co.nz/election-2017/news/headlines.cfm?c_id=1504338#/embed/gridmap/map/

どうなる今後の移民政策

今回の総選挙では2大政党のNational、Labourともに単独で61議席以上を取ることができませんでした。そこで鍵になるのがNZ Firstです。この党は移民反対派でしかも(移民としては)困ったことに力を持っています。National と Labour どちらも何としてでも政権を取りたいはずなので NZ First には相当良い条件を提示するはずで、移民政策には彼らの意見が少なからず反映されるはずです。NZの経済的繁栄には移民の受け入れが必要なので、いきなり移民の受け入れを中止するような乱暴なことはしないと思いますが、アンテナをしっかり張って今後の動向を見守っていきたいと思います。あぁ怖い…。

=======================
ブログランキングに参加しています。
リンクをポチっと応援お願いします。😊

=======================

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする