【第4回】IT業界未経験者が、NZのIT企業に就職できるのか!?

まだまだ続きます!

こんにちは、Joyful Dad です。
今回でIT業界未経験者の就職活動に関する記事も4つ目になりました。
興味がある方は過去の記事もどうぞ!

関連記事
第1回:【第1回】IT業界未経験者が、NZのIT企業に就職できるのか!?
第2回:【第2回】IT業界未経験者が、NZのIT企業に就職できるのか!?
第3回:【第3回】IT業界未経験者が、NZのIT企業に就職できるのか!?
当記事の「IT未経験者」というのは、IT職の実務経験が無く、NZの大学・専門学校に通いながら(または通う予定で)就職を目指している方のことを指しています。

今回のお題はこちらです!
・これからNZに来る予定の方に向けた話
・学校に通っている方に向けた話

※記事はあくまで経験に基づく個人的見解です。
全てを鵜呑みにせず、情報の取捨選択はご自身の判断でお願いします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク




これからNZに来る予定の方に向けた話

もしあなたが日本にいて、将来的にNZに来てIT系への就職を目指しているなら、日本でいっぱいITの勉強をしてください。できれば日本語の専門書が良いと思います。NZに来るんだから英語の方が良いと思うかもしれませんが、未経験のことを勉強するなら母国語が一番だと思います。(自分は英語力が酷くて教材や専門書の英語を読み解くのに時間がかかったり、誤った解釈をしていたりと苦労したので…)
本以外では、インターネットで勉強するのもオススメです。自分が若い頃と違い、いまは個人のブログやGithubでプログラムのコードを公開したり、ライブラリの使い方、よく躓く問題などの対策や解説をしてしてくれてる方がたくさんいます。なので、少し考えてもわかりそうにないときは、インターネットで検索してみると良いかもしれません。あ、もちろん身近に直接聞ける人がいるなら、それが一番です。

いま学校に通っている方に向けた話

基本的に日本にいる方と同様、勉強をいっぱいして下さい。未経験の分野なので学校の授業やアサインメント、テストなどで忙しくて大変ですが、できるだけ自分でも勉強した方が良いです。というのも、学校で学べることは殆どが基礎的なことだけです。学校を卒業するだけでいきなりソフトウェアが作れるようにはなりませんし、業界で求められている流行りの技術が得られるわけでもありません。(自分は日本とNZでIT(開発系)の専門学校を卒業しましたが、どちらの学校も授業は基礎的な内容でした)興味を持って勉強して培った知識と技術は就職活動で自分をアピールする強力な武器になります。
それから学校の授業で何かわからないことがあったら、先生かクラスメートにすぐに聞くこと!日本人って他の国の人に比べて、周りの空気を読むし、大人しくて静かな人が多いなって思うんです。それは良い面でもあるんですが、ときに遠慮し過ぎて損してるなって思う事もあります。なので、先生忙しそうだし、こんなこと聞いたら悪いかな…なんて思わずに、ガンガン質問して解決しましょう!!授業中に質問できなかったら、先生の部屋まで行って聞いちゃいましょう。高い授業料を払って学校に通っているんだし、教えるのは先生の仕事です。わからないままにして困るのは将来の自分です。アサインメントやテストをパスできなくて留年になっても、誰も助けてくれません。(´・ω・`)
あと、学校でクラスメートから「プログラムを見せて」とか「参考にしたいからメールで送って」とか言われたら絶対に応じないこと!全員がそうするとは言いませんが、渡したプログラムを丸々コピーされて、アサインメントで使われた挙句にコピーしたのが先生にバレて、渡した人もコピーした人も両方とも処罰されて留年。最悪は退学なんてことにもなりかねません。コピーする人は、内容を一切変えること無く平気で丸々コピーしたりします。なので、先生に簡単にバレます。渡した人は親切心で渡したのかも知れませんが、それで学校を辞めさせられることにもなりかねません。もしそういう事を言われたら「質問があるなら君のプログラムを見ながら話そう」と言ってください。ちゃんと勉強してる人なら見せられるし、そうでないなら見せられないはずです。

今回はここまで。
また何か書けることがあったら続きを書こうと思います。
「こんなことが知りたい!」などのリクエストがあれば遠慮なくコメント下さい!

=======================
ブログランキングに参加しています。
リンクをポチっと応援お願いします。😊

=======================

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする