【第2回】IT業界未経験者が、NZのIT企業に就職できるのか!?

こんにちは、Joyful Dad です。
前回は 【第1回】IT業界未経験者が、NZのIT企業に就職できるのか!? ということで、

・就職がしやすいのは本当か?
・NZの企業が欲しがる人材とは?

について書きました。
第2回目は前回の内容を踏まえて下記について書きたいと思います。

・IT未経験者向けの求人
・求人広告には書いてない重要な要素

※記事はあくまで経験に基づく個人的見解です。
全てを鵜呑みにせず、情報の取捨選択はご自身の判断でお願いします
スポンサーリンク
スポンサーリンク




IT未経験者向けの求人

厳密に言うとIT未経験者向けの求人というのはありません。(見たことがありません。)
なぜなら、IT系職種は日本では「IT土方」なんて言われてますけど、海外ではスペシャリストとして認知されていて、学歴を含む何かしらの経験があることが当然と考えられています。
例えば大工さんだって学校通ったり、誰かに弟子入りしたりして経験を積んで一人前の大工さんになりますよね。 日曜大工しか経験が無い人を大工さんと呼ばないのと同じことです。
さて、IT未経験者向けの求人が無いなら、どうすりゃいいのよって感じですが、その代わりに入り込める余地があるのが Graduate 向けの求人です。
求人サイトに掲載される求人はザックリ下記のように分けられます。

・Graduate … 大学もしくはITの専門学校の卒業生(新卒)
・Intermediate … 数年の経験または、それに相当するスキルがある。
・Senior … 5年~10年以上の経験または、それに相当するスキルがある。

さて、それぞれのレベルに対する求人数がどれくらいかと言うと…
IntermediateとSenior向けの求人100件に対して、Graduateの求人は数件程度あれば多いほうです。自分も約1年間の就職活動中にGraduate~Seniorまで手広くチェックしていましたが、Graduate向けは10件ほどしかありませんでした。
前回書いた「求人にどれだけマッチしているか」に関係する話なんですが、実は就職活動中に Graduate の求人を見かけるたびに応募していたんです。結局1件も面接に進むことはできなかったんですが、選ばれなかった理由を聞けた機会があり、その時に言われたのが “Graduateを探しているのに経験がありすぎるから” でした。つまり求人にマッチしていなかったんですね。日本では経験があるに越したことはないんですが、国が変わると事情も変わるんですね。

求人広告には書いてない重要な要素

IT未経験者に限った話ではなく、就職活動している全ての人にあてはまる事なんですが、
NZでの職歴の有無が大きなポイントになります。同じレベルの応募者が複数いた場合、NZで働いた経験がある人の方が選ばれる可能性が高いのです。
これはGraduateも例外ではありません。Graduateに職歴を求めるのは矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、NZでは有給・無給問わずボランティア活動やInternshipに参加することが世間一般に浸透しているので、やる気と熱意がある人はどんどん参加して経験を積もうとします。ただし、求人サイトや大手企業に掲載される、ITに直接関係する Internship の数は決して多くはなく、競争率が高いので参加したくてもなかなか参加できません。
では、Internshipに参加できないIT未経験者は経験を積めないのか?
いいえ、他にも方法はあります。ですが、長くなりそうなのでそれはまた別の機会に。

またまた続きます

今回も書き始めたら書きたいことがドンドン増えてしまって、またまた纏められなかったので次回に続きます。次回で終わるかなぁ…終われるかなぁ…怪しいなぁ。
それでは皆さん、良い週末を!

=======================
ブログランキングに参加しています。
リンクをポチっと応援お願いします。😊

=======================

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメント

  1. M より:

    こんにちは。

    スッキリ纏めてもらうより、できるだけ詳細に知りたいです。
    別にスッキリな文章でなくても、本当に情報が欲しい人や本気の人は読むと思います。
    終われなくてもいいので、書ける範囲で頑張って書いていただけるととても嬉しいです。
    (図々しくてすみません。)

    • joyfuldad より:

      Mさん

      こんにちは。
      コメントありがとうございます!

      あまり同じトピックが続くと飽きられてしまわないかと心配だったんですが、読んでくださる方がいるなら出来る範囲で続けていきたいと思います。

      「こんな事が知りたい!」等のリクエストも気軽にコメントして頂けると大変参考になります。