オークランドの公共交通機関(Auckland Transport)ってどうなの?【電車編】

スポンサーリンク
スポンサーリンク




電車の過去と現在

ATの電車

自分がニュージーランドに来た3年前に比べると、AT(Auckland Transport:オークランドの公共交通機関)は随分と便利になりました。
こっちに来て1年程は日本に比べて驚く程ルーズなサービスにイライラしっぱなしでした。今回はそんなオークランドの交通機関(電車)の過去と現在について書きたいと思います。

【2014年】
・時間通りに来ないのが当たり前 (5~10分は遅れる)
・何の前触れもなく、意味不明に突然キャンセルになる。本当に突然に。
・そもそも電車じゃない(ディーゼルでした)

【現在】
・比較的時間通りに来るようになった
・突然のキャンセルが少なくなった
・ディーゼル社が全て電車に代わり、便が増えて待ち時間が短くなった

AT HOPカード

AT HOPカード

これは自分がニュージーランドに来た時に既にあったんですが、日本で言うSUICAに当たるAT HOPカードというものがあります。これを駅のサービスセンターで買って残高をトップアップ(チャージ)すれば電車もバスも現金を持たずに楽々に乗れます。しかも乗車券を買うよりも割安で乗れる上に、ATのウェブサイトでカードを登録すると、子供割引や学生割引も受けられるのでとってもお得です。

褒めた途端に運休!?

突然の運休

褒めた途端に電車が突然の運休。遅延やキャンセルではなく、運休です。つまり全く動いてません。Britomart駅はオークランドで最大の駅なので利用者数もかなりの数です。運休が発表され、ホームにいた人、電車に乗っていた人、全ての人が駅を出ていきました。それぞれバスやタクシー等の別の方法で帰宅するのでしょう。

運休の原因は?

Track Fault

運休の原因は何かと思い、掲示板を見に行ってみると「Track Fault」つまり、線路に関する何かしらの障害が起きたようです。これは2ヶ月に1回ぐらい起こっているので、地元の皆さんはすっかり慣れた様子です。近くから通っている人は代替交通手段が色々あるので良いかもしれませんが、遠くから通っている人は帰りの交通手段の選択肢が少ないので大変です。

今後の更なる発展に期待!

まだまだ色々と課題はあるものの、3年前に比べて確実にサービスが向上しているので、今後もこの調子でどんどん便利になっていってくれると良いなと思います。
それでは、また!

=======================
ブログランキングに参加しています。
リンクをポチっと応援お願いします。😊

=======================

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする